■愛知県 稲沢市 矯正歯科 グレースデンタルクリニック 抜かない 歯並び 非抜歯 矯正■

■サイトタイトル■

HOME > コラム

 ■ 仕上げ磨きについて ■

仕上げ磨きなんかしなくても虫歯が無い、というお子様もいらっしゃいますが、
当院では仕上げ磨きを強くお勧めしています。

虫歯になってからでは遅いですからね。

仕上げ磨きをいつから始めるか、という点について
幼児期に歯が生え始めて奥歯が出てきたら徐々に歯ブラシを使うと良いです。
奥歯というのは、お口の中心の前歯から数えて4番目の乳歯からです。
平均して2歳前後で生えてきます。
乳歯の最後の奥歯は5番目の歯となり、一般的に3歳までには生えてきます。

前歯だけの時期でしたら、いやがらなければ歯ブラシを使っても良いですが、
しっかり磨くということより、歯ブラシに慣れさせる感覚で良いと思います。
ガーゼで汚れをふき取るだけでも良いと思います。
実際に歯ブラシを使うにしても、遊び感覚でやるくらいですね。

5番目の奥歯は溝が大変深いので虫歯になりやすいです。
生えてから5歳くらいまでは、溝をしっかり掃除してあげましょう。
5歳になったら奥歯の間に虫歯ができやすくなるので、歯の間を気をつけます。

小学校に入るころには、大人の歯が生え始めてきます。
生えてから最初の2~3年は特に歯の感受性が高いので、
しっかり仕上げ磨きをしてあげる必要があると考えられます。

特に 6歳臼歯 は、かみ合わせにも重要な大切なはなので
しっかり仕上げ磨きで守ってあげたいですね。

大人でもしっかり歯ブラシするということは難しいので、小児にはなおさらです。
にもかかわらず、新しい歯は小児期に生える。
そして最初の2~3年が大切ということになれば、
仕上げ磨きは自ずといつまでやってあげるのがベストかという答えがでます。

当院では小学校低学年までは一日2回の仕上げ磨きを奨励しています。
高学年以上は一日1回でも良いかと思われます。

仕上げ磨きをしながら、おやつの管理をしてあげれば
お子様を虫歯から守ることができると信じています。

PageTop

■サイドバナー■

■メニュー■

診療所概要

    グレース    
  デンタルクリニック  

住所:〒492-8274
愛知県稲沢市天池光田町95

電話:0587-34-5707

対応エリア:稲沢市 一宮市
愛西市 津島市 あま市




HOME - ■抜かない矯正 - ■患者様の声 - ■治療の流れ - ■Q&A - ■アクセス

お問い合わせ - サイトマップ - 治療費 - コラム